【初心者でもやれる事はある】在宅で稼ぎつつ勉強を進めることにします。

思考する

在宅で稼ぐために何から始めようか考えてみた。

在宅でパソコンを使って稼ぐ方法はいくつもあります。

  • クラウドソーシングで案件を受注して稼ぐ。
  • 広告収入(SNS、Youtube、Webサイト運営など)で稼ぐ。
  • 株やFX、仮想通貨などの投資で稼ぐ。
  • 自分のスキルを使って事業を始める。

などなど。

 

特に上位3つの方法については、初心者でもすぐに始めることができます。

もちろん収益をあげるには勉強と努力と積み重ねが必要で、すぐに高額を稼げるわけではありません。

 

クラウドソーシングでは特別なスキルがない限りは、いきなり高額の案件を担当することはまずできないので、小さな案件からコツコツ対応して、経験を積んでスキルを身に着け、徐々に高額案件を対応できるようになります。

 

YoutubeやSNS、Webサイトのアフィリエイトなど、広告収入で稼ぐには、地道な積み重ねが大切です。動画投稿やWebサイトの立ち上げなどは、決して難しい作業ではありませんが、多くの人に見てもらって収入を得られるようになるまで、時間がかかります。

 

株などの投資は、ハイリスクハイリターンです。初心者でもすぐに高額を稼ぐことができる可能性もありますが、損失を被る可能性も十分あります。特にデイトレードのように頻繁に売り買いして定期的にキャッシュを生み出そうとするのであれば、知識と経験が必要です。

 

考えた結果、私がまず取り組むことを決めたのはこの4つです。

  • クラウドソーシングで実績を増やしコツコツ稼ぐ。
  • Webサイトを運営して収益をあげる。
  • 米国株インデックス型ETFを購入し長期の投資を始める。
  • プログラミングを勉強し、事業をスタートする準備をする。

 

それぞれの取り組みに対して、この1年での目標は以下のように設定します。

  • クラウドソーシング:月2,000ドルの収入
  • Webサイト運営:月1,000ドルの収入
  • プログラミング学習:事業の方向性を決める

(株は購入してあとは見守るだけなので目標設定はありません。)

 

クラウドソーシングは、いままで会社勤務で培った経験を活かし、スタートアップ企業やベンチャー企業で秘書業務や事務作業などのビジネスサポートを求めているクライアントのために働くことにしました。

 

Webサイトは2つのサイトを運営します。

一つはシャーロンズ(本サイト)で、もう一つはアメリカ在住日本人向け情報サイト カロライナ太郎です。

これらのWebサイトで日々情報提供を続け、一年以内に月1,000ドルの収入を達成できるようにします。

クラウドソーシングと合わせて、月3,000ドルの収入です。

 

さらには、将来的には自分の事業(もちろん在宅メインで出来る事業)を開始したいという思いから、プログラミングを一から学びます。

 

とりあえず、日々この3つを積み重ねまくり、前進することに決めました。

 

プログラミングといっても範囲は広いですが。

プログラミングを勉強するといっても、プログラミングの何を学ぶべきか皆目見当もつきません。

プログラミング言語はマイナーなものまで合わせると200言語以上あると言われており、その中からどの言語を習得するか決める必要があります。

 

2020年時点での人気プログラミング言語ランキングは以下サイトをご覧ください。

2020年プログラミング言語人気ランキング

 

結論として、私はPython(パイソン)を学ぶことにしました。

Pythonは利用できる分野が多岐にわたります。

人工知能やドローンなど、これからの社会で間違いなく伸びてくるであろう分野でも使用されています。

Webアプリも作成でき、インスタグラムで使用されている言語はPythonです。

そして、私にとって決定的だったのはデータサイエンスの分野でも利用されるという点です。

データサイエンスとは、プログラミングのスキルや、数学や統計の知識を利用して、データから有意義な情報を見つけ出すという学問です。

ビッグデータの時代に、そのデータから有益なインサイトを見いだせるか否かが、競争力獲得に重要となってきます。

大学時代や会社勤務時代にデータ集計、分析を行ってきた自分にとっては、データサイエンスはとても気になる分野であるので、勉強を始めるプログラミング言語としてPythonを選択しようと決めました。

 

Pythonを使ってどんな事業を開始するかはまだ見えていませんが、何とか今年中には方向性だけでも見つけます。

 

ひとまず、クラウドソーシングでの仕事と、Webサイト運営をしつつ、Pythonの勉強をはじめます。

ということで、しばらくの間は本サイトではPythonについての勉強記録がメインになっていくことでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました