【解説】Python1年生 体験してわかる!会話でまなべる!プログラミングのしくみ

Python

【解説】Python1年生 体験してわかる!会話でまなべる!プログラミングのしくみ

プログラミングのプの字も知らない人が、独学でPythonの勉強を始めるには、超初級の本やサイトから学ぶ必要があります。

 

Googleで検索をして、私が選んだ最初の本はこちら。

「Python1年生 体験してわかる!会話でまなべる!プログラミングのしくみ」

 

アマゾンでも楽天でも購入できます。

個人的には、海外在住ということもあって輸送費のかからない楽天Koboの電子書籍で勉強します。

 

今回は、この「Python1年生 体験してわかる!会話でまなべる!プログラミングのしくみ」を読んで学び、学んだことをまとめます。


 

本書を読んだ感想

超初心者向けの本です。

プログラミングのプの字も知らない人にとっては、最初の入門書としてはとても優れています。

 

全くの初心者からすると、Pythonがどういったものかイメージすら湧きません。(私もこの本を読むまではそうでした。)

しかし、この本を読むことで、Pythonがどういったもので、どんなことができるのか、というイメージを持つことができました。

 

何かを学ぶうえで、しっかりイメージが出来ている状態で学ぶと、理解が早く、記憶も残りやすいです。

また、イラストでの説明や、会話形式での説明がたくさんあるので、すらすらと読むことができます。

そういった意味で、超初心者の私には読む価値ありの本でした。

 

ただし、プログラミングについて多少なりともかじったことがある人にとっては、物足りなさを感じるでしょう。

 

例えば、オンラインのプログラミング学習アプリ(Progateなど)でPythonについて学んだことがある人にとっては、既に学んだ基礎知識ばかりで、読んでも物足りないかもしれません。

 

本書の各章の内容について以下紹介します。

Python初心者の人は特にチェックしてみてください。

 

第1章 Pythonで何ができるの?

 

Pythonは、人工知能(機械学習)やビッグデータの解析などの研究によく使われるプログラミング言語であり、近年人気急上昇中です。

インスタグラムやドロップボックスなど、有名なアプリでも使用される言語であり、大変身近にある存在です。

 

Pythonには3つの特徴があります。

一つは、プログラムがとてもシンプルであることです。

言語の構造が、自然言語(実際に話す言語)に近く、非常に読み書きがしやすく、またプログラムの処理のまとまりを、インデント(字下げ)を使って書くため、誰が書いても読みやすいプログラムになっています。

 

二つ目の特徴は、ライブラリが豊富であることです。

プログラミング用語におけるライブラリとは、汎用性の高い複数のプログラミングを再利用可能な形でひとまとまりにしたものです。

自分がプログラムを組まなくともライブラリを呼び出すことで、そのライブラリの機能を使うことができます。イメージ的には、スマホにQRコードリーダーの機能が付いていなくとも、専用のアプリをダウンロードすればQRを読み込むことができるようになるといった感じです。

 

データ解析のライブラリや、機械学習のライブラリ、画像処理のライブラリなど、多岐にわたります。

 

豊富なライブラリを利用できるということは、簡単に多種多様な機能を利用することができるということで、時間と労力を節約でき、いわゆる車輪の再発明をすることがありません。
アイデアと工夫があれば個人の力でも素晴らしいアウトプットを出すことができます。

 

3つ目の特徴は、Pythonはインタープリタ言語と呼ばれる構造で、プログラムを書いたらすぐに実行して確認できるということです、

試行錯誤がしやすく、初心者にも、新しいものを生む出す開発者にも向いています。

 

インタープリタ言語と並んで、コンパイラ言語という言語もありますが、コンパイラ言語はプログラムを実行ファイルに変換するのに手間がかかるため、確認・修正を繰り返す場合には向いていません。実行ファイルに変換されているため、実際に実行するときの速度は速いというメリットもあります。

 

これがPythonの特徴です。

Pythonについて簡単に理解したら、さっそく試しに使ってみることが大事です。

ということでPythonを使用するための環境構築をしました。

 

環境構築方法については、実際にこのPython1年生を読んでいただくか、Googleで詳しく説明されている記事を見ていただくのがよいので説明は割愛しますが、30分もあればだれでも簡単にできます。

第2章 Pythonを触ってみよう

 

第2章では、実際にPythonを使いながら、紹介されている機能を使って体験します。

ここではIDLEというテキストエディターを利用してみるように説明されています。

 

テキストエディターとは、文章を書くためのソフトウェア全般を指します。

マイクロソフトのワードや、PCに標準でインストールされているメモ帳なども、テキストエディターに含まれます。

しかしプログラミング用語におけるテキストエディターとは、コードエディターのことを指し、プログラミングを書くことに特化したテキストエディターです。

 

テキストエディターにはたくさんの種類があり、本書で紹介されるIDLEもそのうちの一つです。

しかし、ネットで情報を見ると、IDLEを推奨するような意見はありませんでした。

ということで個人的には、多くの人から推奨されていた、Jupyter Notebookを使用して、第2章に取り組むことにします。

ちなみにJupyter NotebookはAnaconda(アナコンダ)は、機械学習やデータサイエンスに必要なライブラリがまとまったパッケージであり、ディストリビューターと呼ばれています。

アナコンダをインストールすれば、必要な外部ライブラリをほぼ取得することができ、その中のひとつがJupyter Notebookです。

ということで、私は環境構築においてアナコンダをダウンロードしました。

 

第2章で紹介される内容は以下です。

実際にIDLE(私の場合はJupyter Notebook)を使って、実際にコードを入力しながら体験しました。

  • printを使った文字の表示
  • 演算子(+:足し算、-:引き算、*:掛け算、/:割り算、%:割り算の余り)について
  • 文字列(” “)と数値について
  • いくつかプログラミングを作ってみる。(おみくじプログラム、BMI計算プログラム)
  • タートルグラフィックスというライブラリ体験

 

基本中の基本ではありますが、実際にテキストエディターを触りながら体験することで、プログラミングを勉強しはじめたという実感はわいてくるし、モチベーションも上がります。



本気のプログラミングスクール【ウェブカツ】

第3章 プログラムの基本を知ろう

 

第3章ではPythonを使う上での基本を学ぶことができます。

基本中の基本であり、必ず全て抑えておく必要があります。

 

  • 変数の使い方。Pythonでは「変数名 = 値」と書くだけ。
  • データの種類について。int(数値 整数)、float(数値 少数以下あり)、str(文字列型)、bool(ブール型、真偽値)
  • 文字列をつなぐ「+」

こんにちは。私はパイソンです。

  • 文字列の中から一部を抽出するには[](ブラケット)を使用して、ブラケット内に抽出したい文字の左からの番号を入力する。(一番左の文字の番号を0とする)


私はパイソン
です。

  • データ型の変換方法(int、float、str)
  • リストの書き方について

ハンバーガー *インデックス(要素の番号)は一番左が0

  • プログラミングの3つの基本「順次」、「分岐」、「反復」について
  • 分岐のif文の使い方について(if, else, elif)
  • 回数を指定して繰り返すfor文

iが0からスタートし、10になるまで繰り返すので、出力結果は、

5 x 0 = 0
5 x 1 = 5
5 x 2 = 10
5 x 3 = 15
5 x 4 = 20
5 x 5 = 25
5 x 6 = 30
5 x 7 = 35
5 x 8 = 40
5 x 9 = 45

  • リストのすべての要素について繰り返すfor文

64
100
78
80
72

  • 関数の使い方

  • 引数と戻り値について
  • importを使って他のファイルに書かれたプログラムを読み込んで利用する方法について

第4章 アプリを作ってみよう

第4章では、第3章で学んだ基礎を使用して、実際にプログラミングを組んでアプリを作る体験をすることができます。

 

さまざまなライブラリが紹介され、ライブラリを使用してアプリを作成します。

それぞれのライブラリの使用方法まで説明がされていないので、詳細まで理解するのであれば、紹介されたライブラリの使用方法について、Googleで検索するなどして自身で勉強が必要です。

 

ひとまず、こんなライブラリがあって、こんな風にプログラミングを組むんだ、という程度で理解しておきました。

 

ちなみに紹介されているライブラリは、tkinter、tkinter.filedialog、PIL.Image、PIL.ImageTkです。

 

第5章 人工知能くんと遊んでみよう

第5章では、Pythonを使って人工知能を利用する体験ができます。

具体的には、手書きの数字を認識するアプリを作成します。

 

手書きで書かれた数字の特徴を見て、その数字が何なのかを判断する人工知能です。

ここで紹介されるライブラリはScikit-learn(サイキットラーン)です。

 

初心者にとっては、すべてを理解するというのは難しいです。

本当に理解するためには、Scikit-learnについてもっと学ぶ必要があります。

 

しかし、第5章を読めば、初心者でも少なくとも、機械がどのようにして手書きの数字を理解しているかを知ることはできます。

素人にとっては人工知能がどういったメカニズムで作られているか理解できていないので、手書き数字を認識する理屈を理解することは、とても大きな一歩でした。

 

まとめ

今回はプログラミングのプの字も知らない超初心者である私が、第一歩を踏み出すために読んだ参考書であるPython1年生 体験してわかる!会話でまなべる!プログラミングのしくみについてまとめました。

 

読んでみた感想は、とにかくわかりやすいです。

ポップな絵と会話形式での説明により、とても読みやすく、すらすらと頭に入ってくるという印象でした。

 

何も知らない人が読む本としてはベストな参考書であるといえます。

逆にいえば、少なからず知識のある人にとっては、当たり前すぎる内容で読んでもつまらない可能性があります。

 

個人的には、この本を読んだことで、プログラミングがどういうものか、Pythonがどういうものかというイメージをしっかり掴むことができたので、有益な投資だったと考えています。

 

それでは、引き続き勉強を積み重ねます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました